どこでもデータBOXをつかうには

image_pdfimage_print

VER8.1よりどこでもデータBOXサービスを使用いただけるようになりました。

どこでもデータBOX利用設定

設定は以下の手順で行ってください。

①タイトル画面【カスタマID設定】ボタンをクリック。
%e5%9d%aa%e6%8b%be%e3%81%84%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%9eid%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

②カスタマIDを入力ください。
③「どこでもデータBOXを使用する」にチェックください。
④画面上部【反映】ボタンでパスワードが入ります。

%e3%82%ab%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%9eid%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e7%94%bb%e9%9d%a21
⑤【OK】ボタンをクリック。
これで準備完了!!あとは普段通り拾い出しください。
※設定できない場合は、こちらの記事を参照してください。:『どこでもデータBOX設定ができない場合』

他のパソコンで作成した物件を呼び出す

①【スタート】ボタンをクリック。
②【物件検索】ボタンをクリック。
%e7%89%a9%e4%bb%b6%e8%a8%ad%e5%ae%9a
%e7%89%a9%e4%bb%b6%e6%95%b4%e7%90%86

別のパソコンで作成されたデータを含む物件の一覧が表示されます。
「〇」は自分のパソコンで作成したデータ、
【DL】」は他のパソコンで作成したデータがあることを意味しています。
目的の物件をクリックで選択し、【物件選択】ボタンをクリック。
物件設定画面に戻ると、選択した物件情報が入っていますので、【作成】ボタンで進んでください。
呼び出しできるのはどこでもデータBOXの利用設定をした後に拾い出しをした物件データのみになります。

 

※保管は1GBまで無償です。10GBまで月額980円(税別)でご契約いただけます。
※坪拾いVER8.1.0にアップデートが必要です。
※平兵衛くんは準備中・今後のアップデートをお待ちください
※WindowsVista以降のOSのみ対応です。
※ご利用になるにはインターネット環境が必要です

投稿者: 岩間