【坪拾い】屋根伏せ図書き方-棟違いの切妻屋根と下屋部分の屋根(寄棟形状)

image_pdfimage_print

棟違いの切妻屋根形状、下屋の屋根の拾い方について

①【屋根伏】モード「外壁線入力」ボタンから外壁線の入力を行います。

-屋根伏せ-「屋根形状設定」ボタンの屋根形状を「切妻:東西」で作成します。

 

 

下の図のように作成されます。

②「桁上げ・下げ」ボタンで北部分の屋根面を一つの屋根として設定します。

ポイント①:北面の立面図を見ると屋根面が一つになっている

図のように一枚の屋根面に設定されます。

 

2階部分の屋根形状の作成は完了です。

続いて下屋部分の屋根形状作成に移ります。

①【屋根伏】モード「外壁線入力」ボタンから外壁線の入力を行います。

-屋根伏せ-「屋根形状設定」ボタンの屋根形状を「寄棟」で作成します。

ポイント①:2階平面図の北側と1階平面図の北側を照らし合わせる

 

②「軒袖変更」ボタンで壁に面している部分の変更を行います。

「壁取合」タブから「袖あり」を選択、【屋根伏せ詳細部設定】画面が表示されます。

出幅の数値を入力→「OK」ボタン

変更したい辺を左クリックで選択

③ほかの壁に面している部分も同様に変更してください。

「壁取合」タブから「袖なし」を選択、変更する辺をクリックしてください。

 

④「特殊コーナー形状」ボタンで玄関先の屋根形状の作成を行います。

編集したいコーナー部分を左クリック、「コーナー選択」画面が表示されます

 

 

変更したい形状をクリックし必要な長さの入力を行います。

※この場合、「袖あり」形状となります。

 

下の図のようになります

 

-屋根材-「屋根材割付」ボタンで部材配置を行った後

念のため【部材配置】モードに切替、各部材の確認を行ってください