【坪拾い】特殊な屋根伏せ図の取り方②

image_pdfimage_print

 

以前、特殊な屋根伏せ図の取り方(寄棟形状)で【特殊コーナー形状】機能について紹介しました。

 

今回は上図のようなコーニッシュリターンの切妻形状の屋根伏せ図の作成を紹介します。

 

では①寄棟屋根作成→②軒袖変更→③特殊コーナー形状設定の手順

屋根伏せ図を作成していきます。

 

 

 

①まず平面図と立面図を見比べながら外壁線の入力を行います。

 

 

②立面図を見ながら屋根の形状に合わせて設定を変更します。

南面が一部切妻になっているため、【軒袖変更】機能を使って南面屋根の袖部分をクリックして変更します。

これで屋根の形が出来上がったので、コーニッシュリターン部分の作成に進みます。

 

 

【特殊コーナー形状設定】を選択し、コーナー部分を選択し、形状の選択を行います。

 

 

【屋根伏せ詳細部設定】で、切妻形状を選択し、出幅リターン部分の長さを入力します。

 

右も同様に作成して完成です。

屋根面積を囲む際、重なっている部分は台形になります。

 

《屋根伏せ図》

 

《コーニッシュリターン部分面積》